yaritaikoto100の日記

自分がほんとうにやりたいことを実践していくブログです

Kidsジョブチャレンジ2019 in平戸

先日、長男くんが学校からもらってきた広告を

 

「これ行きたい!」と見せてきました。

 

〝Kidsジョブチャレンジ 2019 in 平戸 アウトオブキッザニア

 

キッザニア監修のお仕事体験イベントのようです。

 

お仕事体験プログラム一覧の中には、農業や畜産などキッザニアにはないお仕事体験の他に、漁師や漁協のお仕事、干物職人やかまぼこ職人など平戸ならではの内容もたくさんありました。

 

お寺の僧侶やプロレスのお仕事は、どんな内容なのか私も気になります!

 

子どものころからお仕事を体験して、どんなお仕事があるのかを知ることはいいことだと思います。

 

個人的には、漁業や農業、畜産を体験させてみたいな😊

 

残念ながら、3月の29、30、31日は実家に帰る予定なので、行けませんが、来年も開催されることを期待します!

 

f:id:yaritaikoto100:20190218173837j:plain
 

住宅ローンの借り換え諸費用。借入れの際にかかる費用について調べてみた!

住宅ローンの借り換えにかかる諸費用

 

新しく借入れを行う際にかかる費用について調べてみました!

 

こちらも大きく分けて3つあります。

 

1.手数料

2.印紙代

3.保証料

 

では順番にみていきたいと思います。

 

まず、手数料です。これはお金を借りる銀行によって異なります。

ちなみに住信さんの場合は借入金の0.4%でした。この4%にさらに消費税がかかります。

 

次に、印紙代です。これは契約書に貼るための印紙です。こちらは契約書に記載の借入れ金額によって違います。1000万円〜5000万円で20000円です。

 

最後に保証料です。これはローンが払えなくなった時に保証会社に代わってもらうために払う保証料です。こちらも保証会社さんによって違うのかなと思います。

ちなみに住信さんは保証会社はつけないらしいので、保証料はありません。

 

手数料で税金とられて、契約してまた税金とられるんですね。

 

新規の契約の時は、ここまでじっくり調べられなかったので、今回はちゃんと調べてみてよかったと思いました。

 

最初から、自分で調べて借りる銀行も自分で選ぶべきだったな、と思います。

 

 

住宅ローン、借り換えにかかる諸費用とは?

住宅ローンの借り換えを考えるにあたり

 

借り換える際にかかる諸費用について調べてみました!

 

借り換えにかかる費用はざっくり3つにわけられます。

 

1.登記に関する費用

2.新しく借入れを行う際にかかる費用

3.今の借入れを全額返済する際にかかる費用

 

です。

 

見るだけで、わかりませんって感じですが、一つずつ調べていきたいと思います!

 

写真も動画もキレイに撮りたい!ワガママニーズに応えるカメラは?

やりたかったこと、というよりは欲しいものになりますが

 

こども達の運動会や学芸会などの記録用ビデオカメラが欲しいなと前々から思っておりまして

 

どんなカメラがいいかなと思って電気屋さんに行ってきました。

 

しばらく電気屋さんに行かないと、前に行った時からの変わりように驚きます!

 

カメラコーナーもすごく種類がたくさんあってどれを選んだらいいのか迷います(-。-;

 

種類もいっぱいあってよくわからなかったので、ヨドバシカメラのカメラ専用2級販売士の方に

 

子供の運動会や学芸会でズームした写真をキレイに撮りたい!

キレイな画質まま動画を撮りたい!

 

というワガママなニーズに合うカメラはどれかを聞いてみました。

 

一番におすすめされたのは2月22日に発売のSONYのα6400です。

4K対応HDRと、以前のものよりも動画がキレイに取れるようになったらしいです。それに、人の跡追い性能もよくなったそうです。

一眼レフカメラなので、ズームを撮りたい時などレンズを変えないといけないのが大変だし、別レンズ代もかかるし、重そうだなという感じです。

 

レンズを変えるのが大変だと思う人用には、同じくSONYRX10(DSC-RX10)です。レンズを変える必要なくズームにも接写にも対応しているようです。

動画の跡追いとかはなさそうですが、これならズームで写真をキレイに撮りたい、動画も撮りたいという希望にも合いそうです!

 

コンパクトカメラについても伺ってみましたが、コンパクトカメラの機能はだいたいスマホと同じくらいなのだそうです。

スマホのカメラより綺麗に撮りたいと思ってカメラを探していたので、それだとコンパクトカメラを買う意味はなさそうです。

 

最後に、ビデオカメラで写真を撮るのはどうでしょう?と聞いてみたのですが、ビデオカメラはセンサー(画像のキレイさに関わる素子)が小さいので写真を撮ると画質がそれほどよくないとのことでした。

 

キレイな写真を撮りたいなら、カメラベースで動画も撮れるものが良さそうです!

 

あとはコストの問題ですね・・・

6週間腹筋を続けてみた!

筋トレをはじめて約6週間経ちました。

 

基本的には毎日していますが、筋肉痛がひどい時はおやすみしていたりしました。

 

実感としては、前と同じで全然変わった感じもないし、わかりません(-。-;

 

なので、今回も写真を撮ってみました!

 

前回と同じように、2日目、3週間目の写真と比べてみました。

 

写真撮るのが下手で、ちょっと光の具合が違いますが・・・

 

少しだけ、引き締まった気もしないでもないです!

 

巻き尺をまだ買ってないので、早く買おうと思います。

  

一応、写真を載せておきます。※汚いお腹なので閲覧注意です。

 

f:id:yaritaikoto100:20190216174748j:plain

 

f:id:yaritaikoto100:20190216174802j:plain


 今後も続けていこうと思います!

 

住宅ローンの借り換え諸費用。登記に関する費用について調べてみた!

住宅ローンの借り換えの諸費用、登記に関する費用を調べてみました。

 

登記に関する費用は、抵当権を書き換えるための費用です。

 

抵当権とは、もしも借りたお金が返せなくなった時に、土地や建物を担保にしますという権利です。

 

この抵当権を、住宅ローンを借りている銀行に対する権利として不動産登記権利証に記載する必要があります。

 

記載する際は、司法書士さんにお願いするので、司法書士さんへの報酬が発生します。

 

そして、抵当権を登録・抹消するのに登録免許税という税金がかかります。

 

まず、今の銀行に対する抵当権を抹消する費用が一不動産あたり1000円。

 

新しい借入れ先の銀行に抵当権を設定する費用が、借入れ額の0.4%かかります。

(税率が軽減される場合もあるそうなので、詳しくは国税庁のホームページを参照)

 

司法書士さんへの報酬は、抵当権抹消が2万円くらい、抵当権設定が6〜10万円くらいだそうです。

 

ちなみに、うちにある不動産登記権利証も確認してみたところ、抵当権ちゃんと設定されていました。

 

抵当権設定の際の司法書士さんからの請求書の明細も残っていたのでこれを参考にしようと思います!

 

 

f:id:yaritaikoto100:20190216142907j:plain
 

2018年5月東京旅行パート①

2018年東京旅行の記録です。

 

-------------------日程---------------------

 

1日目

福岡発 - 羽田着 - 品川泊

 

2日目

品川 - 上野国立博物館・動物園 - アメ横 - 浅草 

 

3日目

品川 - 皇居外苑 - 銀座 - 葛西臨海公園 - TDL

 

4日目

品川 - 代官山 - お台場 - シンフォニークルーズ - アクアパーク品川

 

5日目

品川 - 羽田 - 福岡

 

2018年5月はゴールデンウィークの4連休を利用して東京旅行に行って来ました。

品川を拠点に都内の有名観光スポットメインに観光です。

 

いつもはレンタカーですが、車は駐車場探すのとか大変そうなので電車+徒歩メインで。

 

電車は路線が複雑ので...いつもは使わないnimocaSUGOCAチャージ!

 

ICカードばんざいです!